2021年01月07日

2021年1月7日の朝にて

本日、二回目の緊急事態宣言が出るそうだ。

寒波も国のお粗末さもひとしお身に染みる。ウイルスは忖度してくれないのだ。
春には見えない敵ゆえの対処法も怖がり方もわからず、後手後手だったのはまだしも、なぜ来たる冬に猛威を振るうと分かっていて夏のうちに最悪の事態に備える準備をしてこなかったのか。
ある与党議員が逼迫しても医療従事者には、その使命感でやってもらえることを願うとか、皆で感謝を伝えよう、とか云ってた。
火災現場で人を救出しようとしている人に、外から有難うとか、がんばれェ、なのか??
防火服や消火器やマンパワーではないのか。それを用意してやってこそ、その言葉が活きてくる。
別の議員は、他国に比べて日本は圧倒的に感染者が少ない、亡くなる方にはお気の毒だが、国のために経済を止めるわけにはいかない、GOTO云々・・。
なんだか、戦時下や特攻隊を思い出した。お国のためなら多少の犠牲は致し方なし。数は少ないというが、もしその死亡する人が当人もしくはその家族となっても、やむなし、と割り切れるのだろうか。
怖いのは、国に、政治家に期待してもムダだし仕方ない、という諦めに近い意識の人が多くなることだ。
保身、隠蔽、誤魔化し、責任転嫁、子供でもわかるウソも通用する世界で気持ちはわかる。
しかし、選んだのは国民だ。コロナ以外の病気や突然の事故で本来なら救える命も救えないという状況にもなってきた。こと命に関わる事態にまで、仕方ない、ではやり過ごせない。


昨年は、公的にはあらゆる予定が中止・延期・変更になった。コロナに関係なく私的には、まさか、こんなことが自分の身に・・と未だ信じ難いことも起きた、というより発覚した。
思えば、一昨年の年明けに、とある関西の有名な神社のお御籤を引いたら、なんと凶、別の神社でもう一度引いたら、まさかの大吉・・ただどちらも内容が意味深ながら似ている。一体どんな年になるのかと思った記憶がある。
因みに大吉のでた社務所で買ったお稲荷様の災難除けカード?なるものを年末久々に見たら、なぜかプラスチックを無理に捻じ曲げたようなくっきりとしたひび割れが・・・なのに割れていない。ギリギリのところで助けられていたのだろうか・・
日々の当たり前は、実は奇跡の連続なんだ、と聞いたことがある。当たり前に慣れすぎると、見るべきものも見過ごすと。
コロナでなくとも、昨年は人生の分岐点であった気がする。


posted by ユウカ at 10:18| 日記

2020年04月23日

旗揚げ公演「見えない敵」を書いたときと今

今や、世界中が新型コロナ一色だ。
今まで他国の戦争や疫病があっても、国内であれ、クルーズ船内だけのことなら、多分、他国事、他人事、でここまで関心や影響を及ぼさなかっただろう。誰もが足元に火がついてきたからだ。命に関わってきたからだ。
原爆舞台のインタビューで広島の方が、当時、戦争で不自由はあっても、まさかここに暮らす自分たちが一瞬で殺戮されるほどの危機感はなかった、と述べている。渦中になって、その本当の恐ろしさがわかる、と。

今はまだ良い。これからが怖い。コロナも怖いが人間も別な意味で怖い。
誰も正解や解き方を知らない問題を、それも命に関わる難問を時間の猶予なくボン、と出されたのだ。準備ができていない、誰もが今ある日常が当たり前に続くと思っていたからだ。経済的にあまり打撃を受けていないなら、感染覚悟で闘っている医療現場に比べ巣籠りくらいなんてことはない。マスクがなくても生きてはいける。
ただ、今後万一、世界中が自国を守るため閉鎖的になり、食料や物流などが行き届かなくなり、ライフラインにも影響がでたら、多分人は生き延びるためにいずれ暴徒と化すような気がする。もちろん、自分だってそうなったらどうなるか分からない、きれいごとなど言っていられないと思う。
戦争は人間から人間らしさを奪う、と体験者は口々に語る。ウイルス蔓延もある意味戦争なのだ。

旗揚げにやった作品「見えない敵」が今とリンクする部分があり、我ながらゾッとする。
当時、どうしてもこのメッセージを伝えたく劇団を創ったと言っても過言ではない。
作品は、人為的にばらまかれたウイルスが発端だが、未知の敵は想像を遥かに超え徐々に蔓延し、人体に侵入し遺伝子を知り尽くすと変異して、免疫破壊だけでなく脳を麻痺させ、やがて人は理性をなくし、身近な人をも襲うことに。
人は極限状態になると、善悪、理性の判断がつかなくなると言うが、ウイルスよりその怖さを描いた作品だ。警鐘と一抹の希望を残して。
当時は小説の中のこと、あり得ないと言われたが、平和な時にこそ、無関心でいてはならないことを発信したいと思っていた。今も変わりないが。
ただ、渦中にある今となっては感染が一日も早く収束することを願い、自分なりのできることをやっていきたい。
posted by ユウカ at 11:29| 日記

2020年01月13日

旗揚げから2020、『脚本』

昨年は公演で全精力を使い果たした、だが今も心は燻り続けている
公演が終わっても、年が明けても、今も被爆者の方は亡くなり続けているのだ
やがて原爆や戦争そのものを体験した方が一人もいなくなってしまうのだろう
実体験を語る人がいなくなったとき、残された者はどうやってそのバトンを同じ重みで渡し続けていけるのだろうか

今年はいつ公演をやるのですか?と多く聞かれる
非常に嬉しく、有難い。しかし、未定なのだ
旗揚げから幾年月、生命座はすべてオリジナルの脚本できた
主宰は脚本なんて簡単に書けるのでしょう、という人は多い
2時間の脚本をゼロから生み出すことが簡単な人がいたらお目にかかかりたい
書くことが大変というより、自分の場合、公演をやるために書く、ということができないのだ
普通の?劇団はおそらく定期的に公演をこなすために自作であれ既成であれ、脚本を用意するのだろう

自分は自分の中に駆り立てられるものが発信され、それを伝えなければという強迫観念にも似たものが沸き立たないと書けないのだ。そのため、題材が決まれば書くよりまずは調べるのにとことん時間をかける。現地に赴いたり関係者にも聞きこむ。そこで芝居にして伝えたい、という構想が生まれて初めて脚本となり、公演に繋がるのだ
題材や構想は、いわゆる「直感」というものかもしれない
それが働かないと絶対に書けない
幼い頃から良くも悪くも直感で生きてきたようなところがある

今回、あるエッセイストさんのコラムにうちのコメントを頂いた
「初めて生命座の芝居を観たのは確か、10年くらい前かな。友人に不思議な劇団があるから、と言われ興味本位でつきあった。劇団の芝居なんてどこも大した変わりがないと思っていた。しかし、その衝撃は今も残っている、ある宿主の体内のガン細胞と正常細胞の死闘を描いたものだった。子供だましの題材かと思いきや、ガン細胞がどうはびこっていき、どう巧みに正常な細胞を蝕んでいくのか、当時のガン医療を相当調べて書いたのだろうと思った。絵空事でない説得力がありながら、わかりやすくそして面白く、脳細胞だけは守ろうと身を挺して次々やられていく臓器細胞たちに、いつの間にか自分もがんばれ、負けるな!と珍しく熱くなってしまったこと。ふと見ると周りの観客がみんな泣いていたこと。それ以来公演があれば必ず観にいくことに。
しかし、不定期で大々的な宣伝もせず、当時は気を付けていないと見逃してしまいそうな本当に不思議な劇団だと思った。
でもガラスの仮面のファンがなかなか出ない新刊をずっと待っているように、最近は待っているのも期待値があがってきてワクワクする。現にすずなりの逸声、は良い意味で令和元年一位のトラウマになった。忘れることができない(笑)
やっぱくるね、生命座の作品は」

感謝です、次の直感がくるまで長い目で待っててください
posted by ユウカ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記