2019年10月06日

「太陽が落ちてきた〜すずなりの逸声」公演を終えて

準備に半年間、稽古に半年。漸く演劇祭でもある公演7ステージが終わった。
台風の直撃が危ぶまれた公演日もなんとか小雨程度で乗り切った。
今は残務処理に追われているが、まだ戦時中の、あの感覚が抜けきってはいない。
多分そういう感覚の役者は他にもいるだろう。

ゲネを観たとき内側から沸き立つものを感じた。
色々あったが、みんな、よくぞここまでついてきてくれたと感謝。
ナマでみんなに観せてやれないの本当に残念だ。

メッセージを発信し続けるというのはなんと難しいのか、と改めて思う。
ヒロシマ始め他県から駆けつけてくれた観客も多かった。
もっともっと、あちこちでやってほしいとの声々、本当に有難い。
しかし、どこでやるにしても手ごたえあるものにするためには期間がいる、多数の参加者の都合もある。
再演でも1からいや、ゼロからのスタートに変わりはない。

演出というか総監督である自分は公演をやろうと決意したときは、いつも一軒の家を建てる覚悟で臨む。
まず条件にあう土地を探し、イメージにあう家の設計をして予算を組む。予算に応じた資材を探し、腕の良い職人を選び、足場を組み、施工が始まる。土台や家枠ができたところで漸く各フロアに応じた人たちに内装を任せていく。内装は見た目が良いだけではダメだ、中身もしっかりしていないとすぐにボロがでる。
電気水道など一見わからないところの工事もぬかりなくやらないと家として機能しない。
想定外の追加工事もあれば、悪天で遅々として進まない時もある。
途中挫折しそうなほど辛いことも多いが、完成されると一生のうちでこれほどの達成感を持つとこはなかなかないのかもしれない。良い家であるほど人は来る。

多くの力の結集で、また一つ家を建てることができた。
posted by ユウカ at 07:21| 日記

2019年08月06日

本日8月6日、午前8時15分。黙祷。

本日8月6日、午前8時15分。黙祷しました。
今回の「太陽が落ちてきた〜すずなりの逸声〜」に参加した人たちもきっとそうしてくれていると信じたい。

黙祷しながら心は歯がゆさで波立つ、まだ自分は何もなせていない。
戦争体験のお話を伺った90歳の車いすの女性が私の手をとり、「あなた、一日でも一分でも早く戦争の怖さを多くに伝えて。早くして。私たちが生きているうちに。戦争はみんなの無関心が引き起こす。戦争は知らない間に始まってて、始まっているとわかったときはもうおしまいなのよ」

この前、新メンバーの一人が、広島の原爆ドームに行ってきたと連絡がきた。
とんでもない作品をやるんだ。並大抵の意識ではできない。
とんでもない劇団に入ってしまった、と。
誉め言葉です、といってはくれたが、彼の受けた衝撃は想像がつく。これを演じるなんて、、、と。

役者陣は最後の追い込みを一生懸命やってくれている。演出の自分は当事者になれと更に追い込む。
中には被爆者なんてやったことないから気持ちがわからないという人も。
「バカやろー」と叫びたい。
じゃあ本当に原爆を浴びたらできるのか。殺人鬼を演じるのに本当に人を殺さないとできないのか。

本当の当事者は演技などできない。そんな余裕などないのが当事者だ。
我々は当事者になって演じるのだ。創造力をフル稼働させていくのだ。少なくともそれが今回のテーマに向き合うことと思う。
9月20〜23日の上演まで、もう少しのところまできた。この作品の再演がきまってから色々な意味で
今日まで独り言はやめておこうと思っていた。

心静かに黙祷ができるよう、
観た人が忘れられない舞台としてずっと心に響いていくよう、仕上げます。
posted by ユウカ at 18:01| 日記

2018年03月14日

「忘れていくことの恐ろしさ」・・公演再演に向ける雑感

広島の原爆と現代人に向き合った「太陽が落ちてきた・すずなりの逸声」を再演することになった
再演とはいえ、新バージョンとして台本を書き換え次第、またオーディションを始める予定だ
執筆にあたり、今回も戦時中を生き抜いた人たちの証言を聞いている、80代90代の方々である
高齢にも拘わらず、当時の記憶が薄れていくことなく、今も生々しく語ってくださる
現実に残虐な光景を目の当たりにすれば、記憶は脳裏から離れなくなるのだろう
この先、忘れない、人たちがいなくなる時がくれば、きっとまた人は過ちを繰り返すような気がする

昨今、民主主義の根幹を揺るがす公文書改ざん問題で持ち切りだ
ある与党関係者曰く、安保法案のとき同様、一時的に支持率は下がってもやがて国民は意識が薄れ忘れていくからその時まで神妙な顔して持ちこたえればいい、と
次回の選挙も選択肢がないのだから結局は勝つのだと

昨年、忖度を流行語として面白おかしくとりあげていた世論が不思議で仕方なかった
森友、かけ問題を野党はいつまでやっているのか、というコメンテーターも溢れていた
今回もスクープがなければ闇に葬られていた問題である
さかのぼっていけば、一体どのくらいのウソで物事が決められていったのか
憲法改正だって、いくらでも改ざんして進められたのだろう

その先に待っているものはまた繰り返される悲劇に繋がっていくのが恐ろしい

なぜなら戦前の日本は、政治に不都合な情報を隠す、など当たり前のことだった
国民は与えられた情報を盲信し、疑念に思っても声をあげることができなかった時代

今回も政権の思惑通り、また国民がこのことをいつの間にか忘れていくこと、それが一番恐ろしい





posted by ユウカ at 18:12| 日記