2015年08月31日

いよいよ来週「魂を刻む声」前夜祭、、しかし、その戦時統制化のような安保法案反対デモ報道圧力に不安

稽古場日誌に私自身も書きたいくらい、今回の芝居というか朗読は通常の公演以上に難しく、演出というより、今はほぽ演劇スクールの講師授業のまんまだが。。。
今回のメンバーは全くの素人さんが多く、でもオーディション通過なりの理由があり、これはこれで通常の公演にはない味のあるメンバーである
時間かかっても、必ずそれなりのものに仕上げてみせます
それにしても
戦争は体験から学ぶのでは遅すぎる・・この作品メッセージの真意が俄然、現実みを帯びてきた気がする
昨日のあれほど大規模な安保法案反対デモの報道が、、昨日はもちろん、今朝もほとんどテレビ報道では取り上げられてないのだ。ワイドショーしかり、ニュース報道すら橋下問題とかコンビニ強盗とか、他国のデモや熱愛報道、はては動物園の動物の体調不良など、なんで今これ?と思う目先のことでごまかし、安保法案に大反対の動きがあることをひたすら報道しない
アベノミクスなど自民党の宣伝的なものにはいくらでも時間を使ったのと対照的だ
ネットでデモを知ったという人たちも多いがやはり、まだまだテレビが大衆に与える影響は大きい
NHKしかり、どのテレビ局もこれほど安倍圧力に屈しているなんて・・あんたたち報道がしがらみなく真実を伝えなくて民主主義が成り立つのかと思ってしまう
そして、そこまで大衆、つまり国民と向き合うことを拒む政権とはなんぞやと
それだけ国民に疑問視され、説明責任とは言いながらまともな説明はない
とにかく事を荒立てずに採決まで時間を伸ばしたいのだ、可決するまで余計なことは何も言うなと、いってた官僚マニュアルそのもの。可決さえしてしまえば、こっちのもの、なのだろう
まるで、上層部の思惑ひとつで世論を自分の都合よく書き換え、利己的な自分の幸せでなく国の繁栄のため、特攻に突き進んでしかるべきとの状況をうちだした当時の戦時下に近い政府の動きに不安ばかりが募る


posted by ユウカ at 16:40| 日記

2015年08月05日

ミサイルが武器じゃない??こんな屁理屈発言、なぜ大ニュースにならないの???そっちの方が怖い

昨日の国会中継、手りゅう弾も劣化ウラン弾もクラスター弾も武器ではないから、戦争している米軍を自衛隊が「後方支援」する際に米軍に供給ができる・・って、できるんだあああ
さらに福島議員の
「消耗品が弾薬だと言うなら、ミサイルは弾薬ですか?」に
防衛大臣も首相も堂々と「弾薬です」
ミサイルも消耗品だから武器でなくて弾薬、だからこれも自衛隊が戦争時の米軍に提供しても武力行使にならないので運搬できる・・・って、できるんかい!!てか、弾薬って武器じゃないんかいっ

もう完全に狂ってる、この政権、この発言の翌日にニュースにもならない我が国・・
そのうち、原爆も核兵器も消耗品だから武力行使にならないからOKとか
戦争反対!戦争嫌だ!なんていうやつは自分のことしか考えない非国民だ、そーだ、そーだ!
なんて日がくるのも近い気がする

安保法案は日にちさえ立てば絶対成立できる余裕か、首相は国会で欠伸かみ殺してたものね
官邸の某記者が言ってたが、今は支持率低下も織り込み済み、成立さえしてしまえば自民党の思惑通りになるだろうと
日本国民の気質からして一か月程度でデモや抗議の声も薄れ、そのうちオリンピックや他の事件で日常に直結しない安保法案のことなんて忘れていくだろうと

私は絶対忘れませんが、てか、忘れたらもうおしまいでしょ

posted by ユウカ at 21:41| 日記

2015年07月16日

安保法案強行採決に・・

昨日、いきなり某新聞二社の記者から安保法案に関してコメントくださいとの取材申込あり
そして本日、新聞記事にフルネームで掲載されていた、実名はつまりヤラセなしの信憑性をつけたいのだろう
1人は国会議事堂前にいた記者であり、可決されて直後の連絡であった
もちろん、なんのしばりもない自分は本音そのものでコメントさせて頂きました

国民主権の日本のトップが違憲を唱える八割以上の国民の声をほぼ無視した形での採決に
今後も利用できるものはフル活用で声をあげていきたい、いかなければならないと心から思った

集団的自衛権を言いだしたときからこうなるのはわかってた、そんな党を選んだ国民にも責任があるが
さすがに日本の根幹を揺るがすほどの内容に、まあ、自分らが選んだんだから仕方ない、とはいかないだろう
万一、将来有事の際に今の首相とは限らず、責任の所在が曖昧のまま、2015に可決されたのだからという言い逃れで、いつの間にか戦争に巻き込まれていくのは目にみえるよう
戦争の始まりに境界も想定もないのだ

10月に上演する神風特別攻撃隊「魂を刻む声」をやるにあたり、様々な実録を読むと、改めて戦争で一番大きな犠牲を払うのは政府など決定した上層部でなく、国民なのだ
そのことを決して忘れず、いまひと時の声あげでなく、ずっと声を上げ続けていかなくてはならないと思う

今年2015は戦後70年たって、ついに戦争放棄が破られた、ある意味忘れられない年になった



posted by ユウカ at 11:26| 日記